占いは理屈じゃなくてインスピレーション

何度か、

「タロットカード1枚ずつの解釈仕方のセミナーみたいなのをやったらいいのではないか」

「1枚ずつの意味を文章にしたらいいのではないか」

と提案されたことがあります。

提案していただいたこと自体はありがたいことなのですが、私は、カード1枚ずつの解釈を発信することに興味はありません。

1枚ずつの解釈をしている書籍やサイトはいくつもあるので、それは、その方たちに任せておけばいいのかな、と。

タロット占いというのは、占い師のインスピレーションに左右されると感じています。

同じカードが出ても、それをどう感じ取り、どう解釈するのかは占い師次第。

悪いカードが出た、即、NG。

良いカードが出た、即、OK。

というものではありません。

タロットカードは、コンビネーションリーディングです。

出たカード1枚だけの意味を重視するよりも、全体をみて、どう感じるか、どう読み取るか、それぞれの占い師の感性によるものが大きいです。

占いは、単なるアテモノではないと思っているのですが、そんな中でも、

「わ、当たっちゃった」

と思った経験を3つ、紹介します。



スポンサーリンク

ネットで練習のため占ったときの体験

ネット上で、占い希望者が書き込むという掲示板がありました。

何年も前ですが、まだそれほど実績がなかった私は、相談者の占いをしてみようと思いました。

恋愛の悩みで、相談者は女性。

相手はどう思っているのか?といった内容だったかと思います。

もちろん、ネットの掲示板なので、相談者とは全く面識はありません。プロフィールもなにもわかりません。

でも、カードを展開してみて、

「あれ?」

と思ったのです。

その掲示板の相談は、不倫や略奪はNGのルールがあったのですが、

「相手の男性には、奥さん、もしくは結婚する予定の女性がいる」

というふうに感じ取れたのです。

そのまま、

「あの……、お相手には、結婚相手のような親密な女性がいるように思えます」

とお伝えすると、

「すみません、実はそうなんです。彼は既婚者です。ここが不倫NGな掲示板なのはわかっていたのですが」

とお返事が。

あ、当たっちゃった、と思いながら、続きの鑑定をお伝えしました。

マザコンかバツイチ

占いサイトに登録していたことがあります。(今はなくなってしまった)

面接が、電話でサイトの責任者を占うというものでした。

そこのサイトの責任者は男性でしたが、年齢を含め、プロフィールもなにもわかりません。

現在の状況で占ったところ、なんとなく、

「バツイチ?」

と感じました。

でも、何歳の人かもわからない、結婚しているのかもわからないのに、いきなり「バツイチですか?」と言うのも気が引けました。

バツイチじゃなかったら、結婚したことなくて、理由はお母さんにべったり?というふうに思えました。

でも、すごく素朴ないい人のイメージが伝わってきました。

とりあえず、

「ひとつ質問していいですか? ご結婚はなさっていますか?」

とお聞きしたら、

「はい、していたことがあります」

と返ってきました。

ビンゴ!

親権をとって、お子さんを引き取って育てているとのこと。

しばらく、そこのサイトに登録して占い師、させていただきました。

良い管理者さんでしたよ。

自分のも当ててしまった;

占い師って、自分の占いはできないっていう人が多いです。

確かにそうです。私情が入ってしまうから。

でも、なんとなーくやった占いで、当ててしまったことがあります。自分の占い。

そのことは始めたばかりでした。

うまくいかないなんて、思ってもいなかったです。

ところが、たまたまカードを開いていたので、ついでにちょこちょこっとやってみました。

結果。

見事に、「今が絶好調」で、この後、ガラガラと崩れて、終わる、という展開が。

「えー、ありえないよ。この状況から、どうやってそうなるの?」

と思いましたが、その後、見事に的中。

その展開はショックでしたが、唯一の救いは、

「占い、当たったな……」

でした。

でも、占いはアテモノじゃない

こんなふうに当たりました、のエピソードを書いておいてなんなんですが、

占いは単なるアテモノではないと思っています。

心にアプローチしたり、寄り添ったり、こたえを引き出したり、さまざまな役割を担うもの。

それと占いをしてきて感じるのは、人は自分の解釈したいように受け止めるっていうこと。

対面占いをした中で、

「◎◎って言われた」

って後から話しているのが耳に入ってきて、

「え? そこ? そこは強調してないんだけど」

と思ったこと多数。

でも、それでいいんです。心に響いたことが、必要なことのはずだから。

占いは、依存するものではなく、でも、上手に楽しく活用していけば良いと思っています。